logo

 

すべての人間皆、最期は癌になる運命

 

正しい知識で癌を治そう!だから、癌の

 

発展進行を阻止するためには、早めに

 

蔡博士の「NAT針療法」で癌と対抗しよう!

病の考え方の分水嶺

  • 癌患者の本心は死にたくない
  • 皮膚病の患者の本心は死にたい、でも死ねない

癌に対しての正しい考え方⇒癌は慢性病です

 癌で早く死ぬのは、でたらめな処置で早く死ぬ。すぐには死なないはずです。癌とは実は、慢性病の一種です。癌が芽生えてから、死ぬまで普通は20年以上かかります。だから、癌は生活習慣病と同じ一種の慢性疾患である。癌の本質は慢性病なのに、しかもすぐには死なないものですが、現代医療のやり方で癌は豹変して、怖い病気になってしまった。理由は、現代医療の失敗です。
 まず現代医療は、外傷戦争医療の延長なので、いつか発展してきた外科手術の手法で癌を取り扱う方法は、大失敗と言っても過言ではない。現代医療のやり方は、まず検査、それから手術、それから化学療法剤、抗癌剤の順次な過程は、すべて考え方が間違っていると思います。
 検査をして、発見して、癌と宣告された時、外科でとってしまうのがよいと思っている。手術だけで取り除けば治ると思うことを、人に宣伝する。実際の現実はそうではないことがわかりました。さらに、化学療法剤、抗癌剤を何コースで投与するが、その70%が、2年で、患者の体自身が維持できなくて、死んでしまうことは現実です。だから、現代医療の癌治療は、成功ではない。そればかりか、人々に恐怖を与えたことが事実です。
癌の正しい考え方は、まず癌は慢性病の一種ですぐには死なないです。むしろ恐怖を与えて、焦って、慌てて、名医を求めることで、もう半分が体にダメージを与えるのです。世の中の名医はすべて有名なだけで、必ずしも力があるとは言えません。有名ということは、すべて人間が作ったのです。力があるか、ないかは別問題です。むしろ一番効き目があるのは、より良い療養生活が癌に勝つ。命が延びると思います。医師の力はもう限界です。これ以上癌と闘う力がありません。現実的には、世の中、癌に勝つ方法がありません。癌は慢性病だから、すぐには死なないはずです。恐怖心をでたらめに与えるのはかえって、間違いです。まず慢性病は慢性病のやり方がある。私の書いているより良い療養生活が一番役に立つ方法です。

 

癌は一種の慢性病、形成するには20年以上かかります

 癌は急性病、突然に発生したのではない。
 だから癌が発覚して、6か月3カ月以内に死亡するのは脅かして死ぬか、大学病院や癌センターのでたらめの薬品乱用によって、死ぬのがほとんどです。
 前から私がいつも言っていることは、癌の形成には20年以上かかります。慢性病は決して突然発生するものではない。癌は長期の体内汚血の蓄積によるものです。その長期の間に正常の細胞が汚血の毒害によって、豹変して細胞が癌細胞になるものです。だから、現代癌センターの癌の治療方法で、化学療法剤を駆使して、もっと高濃度の化学療法剤を使っても、もともと病魔が侵入している体には、現在の薬ではなおりません。手術で細胞をとっても、私は良いと思いますが、でも外科手術のリスクも大きいので、慎重にするべきです。
 放射線は効くように見えるけど、実際は効かない。幹細胞、IPS細胞、ES細胞、プラセンタ療法の先端免疫療法も効き目ありません。だから、癌になったら、でたらめにやると皆が早く命を終了する。唯一救えることは、早めに蔡先生のNAT針療法で長期に溜まった体内の汚血をとることが一番よい治療法ではないか。
私もすでに、癌センター大学病院で、2-3年見放された癌患者を数百人治している実績があります。

癌に勝つための心の準備

 癌は慢性病であり、すぐに形成するものではない。癌が発覚されてから、6か月以内に死ぬのは大体脅かされて死ぬのはほとんどです。
 癌の三大致命傷
 ① 食欲なし
 ② 腹水
 ③ 胸水
 この三つがあれば、私もお手上げです。もう末期か、食欲なしだから、もう救いようがないのです。腹水と胸水があったら、もう五臓六腑は働かないので、神様も助けられない。
 以上の致命傷以外は、大体私の治療で、助かる見込みが90%以上あります。私の治療法は、NAT鍼灸と針吸療法です。最低は6か月の努力治療が必要です。
 私の治療法は、1908年ロシアのノーベル賞者の理論と一致している。それは「病気の原因は長期累積した汚い血が細胞、組織を破壊して溜まり、累積して、ある時期についたら、爆発することです。それは癌の爆発です。この理論と私の著書「あらゆる病気の原因は瘀血にある」は、まったく一致しています。
 だから、NAT針吸療法とよりよい療養生活をとるべきです。これで癌は助けられます。これが真実です。

癌の本質は慢性病ですが、6か月で死ぬのは大体脅かされて死ぬのが多い

 癌が芽生えてから、死ぬまでは20年以上かかります。だから、癌は慢性病です。癌の本質はすぐには死なないです。大体すぐ6か月以内に死ぬのは三つの理由です
 ① 現在の医師に、癌を治す力がない。今の大学病院医師のやり方はほとんどでたらめで、理屈、メカニズムに合っていません。検査、手術だけでは100%が転移します。ゆえに、6か月以内で死ぬか、2~3年で死ぬかだけ、の話です。とにかく全世界で癌を治す人は一人もいない。皆はちんぷんかんぷん、治す処方箋もありません。ほとんどでたらめで力がありません。
 ② 今まで誰も治す力がないので、患者自分自身で心配と恐怖、医師に脅かされ、返って、早く命が終わってしまう。だから、心配することがよくないのです。
 ③ 化学薬品と化学療法剤、抗癌剤の点滴や服用すると、もっと体中、むくみ、硬直、寝たきりで早く死にます。
 だから、一番よいのは早めによりよい療養生活を実行します。これは癌に勝つやり方です。よく休養、熟睡をすれば、癌の半分が治るのです。焦る、慌てる、名医を求めるのは返って、早く命がなくなる。だから、早めに覚悟したほうがよい。他人に頼るよりも自分に頼るほうがよくなる。

60歳以降、どのようにして、95歳まで健康寿命であり、寝たきりにならない、認知症にならない方法を公開します

 人間が60歳すぎても、何かを求めるものがあるなら、私に教えて下さい。

 また、お金を稼ぎたいなら、地獄に行くしかありません。

 2号、3号が欲しかったら、大体、75歳でこの世を去っていくでしょう。

 名誉、地位が欲しかったら、80歳で死ぬしかありません。

 もしも、95歳まで元気で、無介護で、自由自在に動きたいなら、蔡先生と相談しかありません。

 要するに60歳以降の手当ては、人生一生のうちで、最大の人生計画である。

60歳以降いくらお金があっても、健康と元気にかなわない。

 ゆえに60歳以降の人生設計はお金があっても、お金がないにかかわらず、まず下記の症状をおこしたら、いけません。

① 脳梗塞、寝たきり ②認知症 ③痴呆症 ④足腰、あちこち痛い 

⑤体中に痒みばかり ⑥自由自在に動けない(杖を使って行動不便)


 以上を避ける唯一の方法は、蔡先生のNAT針療法でfollowして、手当てをして、真面目に治療し、予防するしかありません。その他のプラセンタエキス、幹細胞、IPS細胞、ES細胞などすべて役に立ちません。心の修業、身の修理、両方とも大切です。

私もこれに実行しています。なるべく自由自在に動く。

健康で行動できる年齢を95歳以上にするためには、この治療法しかありません。

よその何かを求めているのは、自分を騙し、他人を騙しているとしか言えません。


 

治療法さえ正しければ


癌は治るのです。これは真実です

 

 

* 癌は1日で成るものでない。ローマも1日で成らない。

  だから、癌は1日では治らない。最低、46ヶ月の治療。

 

* 現代医療は、戦争医療の延長です。

  病気の治療法が間違っている。

  人間の病態病巣病理には、全然治す力がない。

 

* 現代医療は、一般の病をグチャグチャニしているから、

  最期はすべて、癌化してしまう。

 

* 現代の化学薬品を飲み続けると、最期は皆、癌になる運命。

 

* 現代医療の検査のやり方は、皆、癌の宣告となります。

  しかし、50%は当たりません。

 

* 病院で癌と宣告された時、もうその時は、

  蔡先生の治療をすべき。癌を治すために、まだ間に合います。

 

* 現代医療の考え方は、検査、化学薬品投与、外科手術ばかり

  だから、治せないのは当たり前。

 

* 現代医療の癌治療は、間違っているので、

  それは、死の新幹線です。

 

* 老衰するのも、それは、癌があるからです。

 

* 頭がある生き物は、人間を含めて、生きていくうちには、

  最期は皆、癌が発生する。

 

* 癌を治せるなら、一般の病気、生活習慣病は、簡単に治せる。

蔡内科クリニックの瀉血療法

蔡内科クリニックのメディカルカッピング

 

 東京都渋谷区初台の蔡内科皮膚科癌科クリニックの瀉血療法、カッピング療法は、蔡医師が30年前から研究し、開発した画期的な治療方法です。一般的な瀉血療法、メディカルカッピングとは、全く内容の違う奥の深い治療法なのです。これをNAT針療法とも言います。


 この治療法は、産婦人科的療法、皮膚科領域、癌センター領域、呼吸器官領域、循環器科領域、整形外科領域、精神科領域、感染症科領域、大腸癌、肝臓癌、子宮癌、卵巣癌領域などにも画期的な効果を促し治療できるのです。


 蔡クリニックの瀉血、カッピング療法では、一切の化学薬品を使いません。複雑な漢方処方も要りません。鳥インフルエンザ、SARS,新型インフルエンザも2週間以内に確実に治療できるのです。


 この効果は、すでに30年の臨床経験があり、全世界で一番の元祖の治療法です。当院の治療法を盗み、真似しているクリニックの存在は、誠に恥を知るべきことですが、この医療を広めることは人類のためになることです。しかし、真似して行なうことは危険でもあるし怖いことです。安全第一です。

 

What's New

蔡内科クリニック

〒151-0061

東京都渋谷区初台1-51-5アクス初台B1

TEL:03-5371-0925

FAX:03-3378-8561

MAIL tsai@tsaiclinic.co.jp
    
受付時間
    午前9時~午後5時まで、
休診日 月・火・日・祭日

初診の方は電話で
    ご予約の上
来院ください

【新書出版】

皆は癌になるので、絶対この本を読むべきです。<下記の画像をクリックすると、購入画面が開きます>

『あらゆる病院の原因は「瘀血」にある』

 

瘀血を取り出す!誰もが若々しく健康になる!

蔡式内外夾攻方式!

 

定価1,350円 送料別途

技術連携医院

わたなべ皮フ科

〒581-0802 大阪府八尾市北本町1-3-5
TEL 072-993-4676 

http://www.yao-hihu.net/

 上記の病院は2017年6月7日からNAT針療法を導入します。院長 渡辺先生は経験豊富な女医です。お近くの方、ぜひお問い合わせください。

波佐見病院

〒859-3726 

長崎県東彼杵郡波佐見町稗木場郷792-1

TEL: 0956-85-7021

FAX: 0956-85-7022

http://hasamihp.sakura.ne.jp

 

波佐見病院にて、2015年9月2日から「NAT針療法」の施術が受けられるようになりました。お近くの方は、ぜひ訪問されることをお勧めいたします。

杉原医院

〒662-0813兵庫県西宮市甲東園3-6-21

TEL: 0798-57-5527

FAX: 0798-57-5529

http://www.sugihara-clinic.jp/

 

 上記杉原医院にて、2013年12月9日(月)から「NAT針療法」の施術が受けられるようになりました。お近くの方は、是非訪問されることをお勧めいたします。杉原院長は経験豊富な優しい先生です。

Links