巷で行われているカッピング、メディカルカッピングと

蔡クリニックのNAT針療法、メディカルカッピングとは異なります

 

いわゆるメディカルカッピング療法は、

 

5000年前から中国医学歴史上では、

 

瀉血、放血とも言われています。

 

今日まで、韓国、台湾、東南アジア、

 

ドイツ、イタリア、中国、日本にも

 

この民間療法はあります。

 

この民間療法は瀉血、放血と言います。

 

本格的なメディカルカッピングは蔡クリニックだけです。

 

それは蔡クリニックのNAT針療法である。

 

メディカルカッピングは病理的、生理的、体内瘀血、血栓、汚血をとる技術です。

 

蔡クリニック以外のあるクリニックが、

 

蔡先生の真似をしてやっていますが、彼らはまだ成熟していません。

 

しかも高額料金を患者からとっているようです。

 

またいろいろな健康食品などを売り物にしているので、

 

未熟なものは、本当に怖いものです。

 

蔡クリニックの蔡先生は、すでに30年以上もやっているのです。

 

他人の真似をしても、病気を治すまではできないと思います。

 

それは要注意です。

 

 

蔡クリニックのNAT針療法、メディカルカッピングは

蔡先生が独自に開発改良した新治療法です

 

 医学部で6年間教育を受けた医師たちでも、プラス臨床経験10年はないと、まったくの一人前にはなりません。一人前になっても、内科医か外科医か、その他小さい科、皮膚科、耳鼻咽喉科、眼科など、身体の一部の管轄しかできません。一人前の医師ならば、自分一人で、人間のすべての病気を治すべきではないか。


 実際に医療の世界に入って見てやっとわかったことは、ほとんどの病名と病態、病巣を治すことはとても無理な話です。しかし、これらを極力研究している医師がいます。それは東京初台の蔡内科皮膚科癌科の先生たちです。蔡院長は、40年間の臨床実績の中から、本当の人間の病気の真髄を見極めました。 


 人間の病気はもうすでに、化学薬品を投与して治そうとすること自体が、現時点では不可能に近いのです。現代医療の医師たちは、漢方薬と手術と検査(CT、MRI、画像、生化学)などに力を入れていますが、ほとんどが、病態を治すには、同じように不可能に近いのです。
それは困ることです。幸いなことに、蔡院長は、「病気の本質は体内毒素」と発見したのです。すべてのウィルス、N1H1、N1H5、N9H9、N5H2などは、すべてたんぱく質の毒素です。それを蔡院長は、30年前から研究し始めたのです。その結果、蔡院長は、新しいメディカルカッピング方法で、体内毒素汚血を取ることを25年前から始めました。


 現在、蔡博士のNAT針療法、メディカルカッピングを見真似している人は、日本をはじめ、全世界で5000人くらいいます。その中で、蔡院長の直伝弟子はわずか150人ぐらいです。その他すべては、蔡博士の本を参考にして、独学で練習をし、少し行なっているようですが、病気を治すまでにはいかないのです。気休めか、生活のために、施術しているだけでしょう。


 この蔡博士のメディカルカッピングは、学問が深く、大体蔡内科で勉強しても、最低6カ月はかかります。それでも一人前にはなりません。最近も、蔡博士を見習って、メディカルカッピングをやっているクリニックもいるようですが、それは邪道としか言いようがない。


 蔡先生の直弟子、加盟クリニックは、すべて蔡先生のロゴが入っています。これは信用と安全、治療のシンボルです。邪道がやっているのは、危険で安全ではないと言いたいのです。診てもらっても、いろんな症状が出てきますから、これは医療なので、でたらめにしてはいけません。


 蔡先生が元祖だから、しっかりと患者を治すために、見極める必要があるのです。でたらめに、メディカルカッピングをやっても、それは怖いのです。

 

 

 

メディカルカッピングと瀉血療法の区別

いわゆる瀉血療法は、

 

中国でも5000年前から行われている医療治療方法です。

 

主に瀉血する場所は、耳たぶの下で、ナイフや針で刺して、

 

少しの汚い血を出します。

 

数滴の汚血を出すだけでも、頭はしばらくの間スッキリします。

 

ゆえに、中国人医師は、ずっと愛用しているのです。

 

そして2000年前くらいからは、欧州にも伝わり行われました。

 

ローマ帝国の王も施術してもらっています。

 

王は、足の親指の先に少し針を刺して、

 

汚い血を出すことを何回も受けていました。

 

その後トルコでは、水蛭を利用して、人間の背中の汚血を吸わせる、

 

これも瀉血の進歩です。

 

医療は皆同じように、体内の汚血を取り除くようにするのです。

 

瀉血の効果は、凝っている体が少し緩和され、

 

体の圧迫も少し緩和されるのです。

 

これはマッサージよりも効果があるので、中国人に愛用されているのです。

 

時々、米国にも伝わっていき、韓国では町中でもよくやっているようです。 

 
蔡博士の本を見て、独自に行っている人は10000人を超えています。

 

しかし、ほとんど見真似で信用に欠けます。

 

本格的、オーソドックスな方法である、蔡博士のメディカル瀉血、

 

メディカルカッピングは、蔡内科クリニックにしかありません。

What's New

蔡内科クリニック

〒151-0061

東京都渋谷区初台1-51-5アクス初台B1

TEL:03-5371-0925

FAX:03-3378-8561

MAIL tsai@tsaiclinic.co.jp
    
受付時間
    午前9時~午後5時まで、
休診日 月・火・日・祭日

初診の方は電話で
    ご予約の上
来院ください

【新書出版】

「病気の原因は汚血にある」

アマゾンベストセラー1位獲得

皆は癌になるので、絶対この本を読むべきです。<下記の画像をクリックすると、購入画面が開きます>

『あらゆる病院の原因は「瘀血」にある』

 

瘀血を取り出す!誰もが若々しく健康になる!

蔡式内外夾攻方式!

 

定価1,350円 送料別途

技術連携医院

わたなべ皮フ科

〒581-0802 大阪府八尾市北本町1-3-5
TEL 072-993-4676 

http://www.yao-hihu.net/

 上記の病院は2017年6月7日からNAT針療法を導入します。院長 渡辺先生は経験豊富な女医です。お近くの方、ぜひお問い合わせください。

波佐見病院

〒859-3726 

長崎県東彼杵郡波佐見町稗木場郷792-1

TEL: 0956-85-7021

FAX: 0956-85-7022

http://hasamihp.sakura.ne.jp

 

波佐見病院にて、2015年9月2日から「NAT針療法」の施術が受けられるようになりました。お近くの方は、ぜひ訪問されることをお勧めいたします。

杉原医院

〒662-0813兵庫県西宮市甲東園3-6-21

TEL: 0798-57-5527

FAX: 0798-57-5529

http://www.sugihara-clinic.jp/

 

 上記杉原医院にて、2013年12月9日(月)から「NAT針療法」の施術が受けられるようになりました。お近くの方は、是非訪問されることをお勧めいたします。杉原院長は経験豊富な優しい先生です。

Links